外反母趾治療

患者様の一言

  • 寝ている時にも痛くて、痛みで夫にあたりちらしていた親指の付け根が2ヶ月で全く痛みが出なくなりました!
  • 足が痛くなり20数年履いてなかったパンプスを、結婚式出席のため購入しようか迷っていた時に「歩行が良くなったので買ってみたら?」との先生の一言で早速購入。結婚式に履いて行ったが痛みなく歩けて驚きでした。
  • 歩行改善で痛みも取れ、卒業時にはワンサイズ小さなブーツが履けました。
  • 両母趾の痛みが酷く、座薬を指しながらの仕事が辛く、退職を申し出るほどでした。会社から休んでも良いので治してと言われ、手術を考えていたが、ネットで先生を知り、通い始めたところ、一ヶ月痛みが初診時から比べると30%くらいに減り、徐々に痛みが取れていくのがわかります。初診からブログに経過を書き続け、10ヶ月後の卒業の時には、ブログ読者から「変形もずいぶん良くなりましたね」とのコメントもあり、先生には感謝です。
  • 歩行を改善して真っすぐ歩けるようになったら、前に履いていた靴で歩くと、歩いている時に体がよろめくのがわかりました。変なクセで歩いていたからなんですねぇ~(笑)
  • 陸上の部活の後は、足が痛くて歩くのも辛かったのに、歩き方を治したら、部活が終わっても痛みが出る事が無くなりました。

外反母趾は進行性の病気です。

たまにしか痛みが出ないので、まだ良いか・・・とか、
変形は気になるけど、痛みが無いから・・・とか、
今は忙しいので通院出来ないし・・・そう言ってる間に、
外反母趾はどんどん進行して行くのです。

当研究所を受診された90%以上の患者様は必ずこう言います。
「もっと早く来れば良かった・・・。」と。
何か変だと思った時が、治療の時なのです。

  • オーダーメイドのインソールを履いているが改善しない。
  • 治療院でテーピングをしてもらっているが良くならない。
  • 外反母趾対策の靴や靴下を履いているが痛みが取れない。
  • ハイヒールを履いていないのに症状が悪化している。

外反母趾研究所には
このような経験をされた足のトラブルでお悩みの方が数多くご相談にいらっしゃいます。

年齢・性別・職業・毎日履く靴・スポーツ歴・趣味とみなさん多種多様ですが、
共通している点がたった1つだけあります。

それは・・・

『悪い歩き方』を続けているから
足のトラブルが改善しないんです!
『ペタペタ』歩きを続けているから
外反母趾が改善しないんですよ

では、『ペタペタ歩き』とはどのような歩き方だと思いますか?
簡単に言ってしまえば、足指を使わないで足の裏だけで歩く歩き方です。

あなたも家族やお友達から「ペタペタ歩いている」「歩き方がなんかヘン」と
言われてしまった経験がありませんか?

このペタペタ歩きが外反母趾の100%の方に見られる特徴で、その結果、
足指に関係する筋肉が弱くなり、足が次第に退化していくことで
外反母趾が進行してしまうんです。

たとえ、毎日ジョギングしていたり、毎日1万歩以上歩いていて
足の筋肉は使っているようでも、足指を使わない『ペタペタ歩き』をしていれば、
足指を動かす筋肉は次第に退化していきます。

『正しい歩き方』による改善例

※変形の改善は個人差があり長期を要します

50代・女性・最近の改善例(2017年11月にバニオン発症)

改善例

50代・女性・主婦

改善例

K・Nさんは左母趾の付け根が靴にこすれ続けて皮がむけ、ひどく化膿していました。
歩く仕事なので毎日がとても辛く、大好きな山登りはあきらめていました。
紹介で大学病院を受診しましたが、担当医は足に触れることもなく、レントゲンを診ただけですぐ手術の話になったそうです。当院受診後36日目で痛みは消失したので卒業としました。
その後もご本人より、しっかり治したいとのご希望があったため、定期的な経過観察を続けました。左側が初診から5ヶ月後、右側が1年5ヶ月後です。

60代・女性・主婦

改善例

50代・女性・飲食店勤務

改善例

K・Hさんは40代の頃から外反母趾の変形と親指の付け根の痛みが出始めました。
4年前から症状が悪化して大学病院の足の専門医の診察を受けましたが、手術は希望しなかったのでインソールを処方され、経過観察となりました。
インソールによって歩行は楽になりましたが、患部のシビレと痛みは続き、特に起床時は痛みのため、すぐには足を床に着けられずに両手で壁につかまって立ち上がっていました。
当院受診後29日目で痛みが半減、44日目で足に少しずつ力が入るようになり、203日目で痛みがほとんど消失したので卒業としました。

10代・女性・小学生

改善例

60代・女性・主婦

改善例

K・Sさんは1年以上前から左親指の付け根が腫れ、靴に当たる痛みで悩まされていましたが、市立病院の外反母趾外来を受診したところ、手術しか方法がないと説明されました。
K・Sさんの症状はバニオン(滑液包炎)と呼ばれ、患部が靴に擦られることで炎症を起こしてしまったものでした。
当院受診後11日目には患部の痛みが少なくなり、25日目には腫れも引いて、「友人から歩き方が良くなったと誉められました」と嬉しそうに報告して下さいました。
34日目には、患部の腫れと痛みが消失したので卒業としました。

10代・男性・中学生

改善例

T君(高校2年)の改善例

改善例

40代(女性)リウマチ変形の改善例

改善例

変形よりも足の裏のタコの痛みの治療を希望されました。右足裏のタコの痛みは7ヵ月後に消失しました。左足裏のタコの痛みは1年3ヵ月後に消失しました。

30代(女性)両母趾付け根の痛み・足裏のタコの痛み

改善例

現在までの患者さんの中で、一番タコの大きな人で、ピンポン玉くらいの大きさがありました。左右の親指の付け根の痛みと、カチカチのタコの痛みの治療を希望されました。4ヵ月後には親指の付け根の痛みが消失しました。6ヵ月後にはタコの痛みが消失しました。

①初診時に比べ、親指の角度が若干なだらかになっています。
②初診時に比べ、親指と人差し指の隙間が少し広くなっています。
③初診時に比べ、ポチャポチャとした足が、引き締まってきています。

40代(女性)内反小趾の変形

改善例

内反小趾の変形で、右薬指、中指内側、左小指にタコが出来始め、変形も気になりだし当研究所を受診しました。

①初診時に、あまり見えなかった爪が見えています。
②初診時に、靴に当たって色の悪かったタコがピンク色に改善されています。
③左小指横のタコの痛みが消失しました。

30代(女性)両母趾付け根の痛み

改善例

5ヶ月経過時
左/親指角度 28.8°→22.9° 小指角度 21.6°→19.1°
右/親指角度 30.0°→23.7° 小指角度 24.1°→22.0°

あなたはいくつ当てはまりますか?

  • 床の上を素足で歩くとペタペタと音がする。
  • 歩行中に何もない所でつまずくことがよくある。
  • 雨の日に歩くと跳ね上げで足がよく濡れる。
  • 靴底の外側の部分がよく擦り減る。
  • 長距離でもないのに歩くとすぐ疲れる。
    歩くのが遅い。
  • 靴下の親指の先端だけがよく擦り減る。
  • 片足で立つと5秒以上立っていられない。
  • 足のすねの外側の部分が張って疲れやすい。
  • 足の指で力強く『グー』の形をすると足がつる。
  • 足の指先が常に冷える。
    しもやけができやすい。

以上は全てペタペタ歩きが関与していますが、3つ以上当てはまる方は
外反母趾をはじめとした足の障害が出やすい傾向にあるので注意が必要です。

あなたの足は退化していませんか?

足を壊してしまう悪い歩き方の動画

外反母趾歩行動画/高校生野球部男子
足首が硬く、足首を曲げられないため、指先を持ち上げるペタペタ歩き。キャッチャー座りをすると足首が曲げられないため、後ろにひっくり返ってしまう状態でした。

外反母趾歩行動画/高齢女性
ペタペタ歩きを通り越して、ドスドス歩きになっています。この様な歩行は、正しく歩ける人の4~5倍の負荷が膝にかかってしまいます。

外反母趾歩行動画/左右の歩行が違う女性
右足がつま先から着くつま先歩きになっています。この歩き方も正しく足指を使う歩き方になっていません。

外反母趾歩行動画/20代女性
ペタペタ歩きで正面から見ると足の裏が見えません。これだけ足が上がらないと、段差がない道でもつまづいてしまいます。テーピングをした後で歩行指導した歩き方です。しっかり足の裏が見えて、足の指に体重をかける歩行に変わっています。(初診時の歩行なので、まだ改善が必要です)

子供の足の障害

あなたのお子さんの足は大丈夫ですか?

子どもの頃から早期の歩行改善を… 【子どもの歩行検診コース】を新設しました!

『外反母趾』と聞くと、どうしてもハイヒールのイメージが強いので
20歳前後から変形が始まるように思われがちですが、
「小・中学生の頃から親指が曲がっていました」とお答えになる方が
意外に多くいらっしゃいます。

外反母趾とは親指が外側に曲がってしまう足の変形のことですが、実はそれだけではなく、
足指が浮き上って地面に着いていない『浮き指』や、
足の横アーチ崩れて足の横幅が広がってしまう『開張足』や、
小指が内側に曲がってしまう『内反小趾』といった変形が合併しているケースも多くみられます。

外反母趾研究所を受診される子どもたちにも、
『外反母趾』、『浮き指』、『開張足』、『内反小趾』といった足の変形が数多くみられます。


このような子どもたちが急増したと感じているのは私だけでなく、
多くの医療機関が子どもの足を調査した結果、その数の多さを指摘して警鐘を鳴らしています。

また、マスコミでも子どもの足の変形増加に注目して、
平成27年5月の産経新聞は『真っ直ぐ立てない子供たち』という記事を、
12月の読売新聞は『浮き指の子ども増加』という記事を掲載しています。

記事中では対処法として、指の体操・靴・姿勢の改善などが紹介されていますが、
一番大切な『歩き方の改善』が見落とされて(気づかれないで)います。

当研究所でも小学校3年生の女子が親指のつけ根の痛みで来院し、
その女子はかなりの『浮き指』『ペタペタ歩き』でした。

『浮き指』『ペタペタ歩き』

早く治療するのがベストですが、それをいち早く大人が気が付かなければいけません。
子供の足を守るのは親の役目です!

Mちゃん(中学1年)

変形

Mちゃんは小学生の時からときどき両母趾つけ根に痛みを発症していて、中学に入りテニスを始めて、痛みがひどくなりました。中学生でも重度(40゜以上)の変形になります。

12才 小学校6年(男子)

変形

両母趾が全く地面に接地してなく、面積比左右50%と、正常な状態の足に比べて60%程しか接地していない。

初回の施術の流れ

問診・視診

写真及び歩行ビデオ撮影

フットルック足の画像診断および説明
 フットルック

外反母趾は何故悪化して行くのか?!
 歩行を直したら、何故痛みが取れるのか?!
 歩行を直したら、何故変形が改善されるのか?!
 詳しく説明していきます。

歩行ビデオの検証(歩行の何処が悪いのか実際に見ながら検証していきます)

外反母趾改善のための必要な法則やトレーニング方法

テーピング

歩行指導

  • 「札歩路」第165号

    どうしん生活情報紙「札歩路」第165号に掲載されました。

  • 歩き方が人生を変える!

    「歩き方が人生を変える!」という本を出しました。 2013年8月 外反母趾研究所・代表 古屋達司先生。 及び、全国の外反母趾研究所の先生達との共著です。

  • グッチーの今日ドキッ!グッチーの今日ドキッ!

    金子院長がHBCテレビ(北海道放送)2012年11月5日「グッチーの今日ドキッ!」の「旬刊!女性 女性に多い外反母趾!ならないためには!」の生放送にメインで出演しました。

  • フリーペーパー「スコブル」7月号に掲載されました。

  • 集英社「セブンティーン 2012年11月号」に外反母趾研究所東京本部代表 古屋達司先生が掲載。

  • 「ホームドクター中央区版」に掲載されました。

  • 情報誌「HO(ほ)」7月号に掲載されました。

外反母趾の原因

■外反母趾の原因

1. 歩き方

外反母趾のほぼ全ての人に当てはまるのは「歩き方」です。
整形外科で手術をしても、3か月で元に戻ってしまった・・・なんて言う話を耳にする事があります。
手術をして足の形を元に戻しても、根本的に歩き方が悪ければ手術前と何も変わらないのです。
整形外科では装具やインソールなどを足に合わせて作製しますが、歩き方の指導はしてくれません。
では、何故歩き方で外反母趾になるのかというと、多くは「ペタペタ歩き」をしているからなのです。

  1. きちんと足の指を使って歩いていますか!?
  2. 足の親指が上を向いた歩き方をしていませんか!?
  3. 踵と第3関節が同時に着地していませんか!?

この様な歩き方をしている人は要注意です!

2. ハイヒールや尖った靴、スリッパなど

ハイヒールや尖った靴などは、足の親指が小指側に曲がり第3関節に体重が掛かってしまいます。
そのために足の指を使った歩き方にならず、症状が進行します。
また幅の広い靴は、足が前に滑りつま先が圧迫され、発症してしまうことがあります。
スリッパなどはソールが堅く、足の指に体重が掛からないため、十分に指を使う事が出来ずにペタペタ歩きになります。 特に女性の場合、関節や靭帯が柔らかいのも原因の一因とされています。

3. 遺伝

おばあちゃんやお母さんは外反母趾ではありませんか!?
患者様と話していると「母も外反母趾なんです」と、言う話を聞きます。
家族に外反母趾の方がいらしたら、注意が必要です。

■外反母趾の症状

外反母趾の症状 外反母趾の主な症状として、足の指の変形・腫れ・痛み・タコ・魚の目などがあります。 その中でも患者様の一番の要望は「痛み」を取り除くことです。 とにかく痛い・・・歩くのが嫌になってしまいます。 きちんと治療すれば個人差はありますが、1~3か月で痛みが軽減します。 外反母趾に伴う症状では、骨盤の歪み・腰痛・膝痛・肩こり・首痛などがあります。 人間は何処かが痛いと違う箇所で痛みをかばうので、それによってバランスが崩れ、身体に負担がかかって二次的な症状が出てしまう事になります。 O脚の人にも外反母趾が多く見られます。O脚の人は外側に体重が掛かる傾向にあり、親指を使わない歩き方で外反母趾になりやすいのです。 外反母趾を治療するとO脚も治ってしまう事もあり、一石二鳥の効果が期待できます。

■外反母趾の治療の流れ

※1回目の治療は約1時間30分~2時間位かかります。
※足の痛みは程度により個人差はありますが、1~3か月で軽減していきます。
※外反母趾の状態により治癒期間は異なります。

■外反母趾治療患者様来院地域

北海道各地から患者様が来ています。(平成27年9月現在)
剣淵町・美深町・旭川市・留萌市・富良野市・北広島市・千歳市・苫小牧市
白老町・小樽市・余市町・赤井川村・寿都町・函館市・室蘭市
稚内市・江別市・岩見沢市・石狩市・深川市・釧路市・上富良野町・安平町・登別市・新冠町・豊富町・網走市

■外反母趾の出張サービスを始めました

【外反母趾】出張サービス(約3時間)

札幌近郊以外で当研究所に通えない方を対象に、出張サービスを始めました。北海道内であれば出張に伺います。札幌迄は遠くて行けない、仕事の都合で札幌は無理、子供を置いては行けない等、色々な事情で来られない方には外反母趾の改善のチャンスです。ご自分と同じく外反母趾で苦しんでいる知人・友人や、一般の方にもSNS等で呼びかけて、数人で受けられると費用負担も少なく済むのでご検討下さい。お一人様であれば自宅でも構いませんが、会館等のご希望があればご相談下さい。

1人の場合…………30,000円(税別)+交通費(JR運賃に順ずる)
2人の場合…………25,000円(税別)+交通費(JR運賃に順ずる)
3人以上の場合……20,000円(税別)+交通費(JR運賃に順ずる)

※上記は日帰り可能地域です。遠方で宿泊が必要な場合は宿泊費を別途承ります。
※施術内容につきましては、通常の施術の流れに準じて行いますが、来院の場合よりも内容を濃くしてのレクチャーとなります。
※2人様以上の出張施術の交通費は、一人分の交通費となります。

■外反母趾治療

外反母趾治療 初回(約2時間)
13,000円(税別)
2回目以降(約40分) 4,000円(税別)
再診料(1か月以上通院が無かった時) 2,000円(税別)

冬期間(11月~3月)は、月1回、月の初めに暖房費300円を頂いております。

011-215-6133

札幌外反母趾巻き爪研究所